ハンドルを選ぶ

紙袋の持ち手部分をハンドルと呼びます。
用途、デザイン、イメージに合わせて、さまざまなハンドルをお選びいただけます。

アクリルスピンドル

紙袋の紐として人気が高く、汎用性も高い紐です。柔らかめの素材で、持ちやすいです。単価はパイレン素材より少しだけ高くなります。

アクリル平紐

平たく幅があるので、重量のあるものを入れても手が痛くなりにくく、肩掛けタイプにも最適な紐です。

パイレン(エクセルフィラメント)

ポリプロピレン製の紐で、アクリルスピンドルと比べて光沢があります。高級感のある紐ですが、実際は紙単丸紐の次に低価格で出来る紐となります。

ツイストロープ

ゴージャスな見た目で強度があり、ハイブランドの紙袋にも使われます。高級感を出したいときにおすすめです。

サテンリボン

さらさらとなめらかな手触りで見た目も可愛らしく、個性的な紙袋にしたいときにおすすめです。女性的なイメージを出すのに最適です。

グログランテープ

サテンリボンと比べてマットな手触りで、持ちやすい紐です。アパレル関係の紙袋に多く、肩掛けタイプにもおすすめです。

紙単丸紐

紙をねじって作られており、素朴でナチュラルなイメージです。クラフト系の紙と合わせるのに人気の紐です。穴をあけて取り付ける方法と、紙袋の内側に貼り付ける方法(OFJ)がございます。当社が扱う紐の中で一番安価なものとなります。

ハッピータック

プラスチック製の紐で、強度に優れています。袋の口をとめることが出来るのがメリットです。取っ手部分が重みでちぎれる心配もありません。

手穴

持ち手部分に小判型の穴を空けます。比較的軽量のものを入れる場合に適しています。

オプションを選ぶ

更にこだわり、オリジナリティーを出したい場合には各種オプションもご利用ください。

  • 箔押し

    金・銀などの箔を、金属の型を使って用紙に貼り付ける加工です。光に反射してキラリと輝き、紙袋に高級感を与えます。

  • UV印刷

    透明な印刷で、施した部分はツヤが出て光を反射するようになります。マットPPの紙に印刷するとより効果的に輝いて見えます。

  • 浮き出し

    紙の表面がぷっくりと浮き上がります。ロゴなどに浮き出し加工をすることで立体感が出て、印象深くなります。

  • PP加工

    紙の表面に、ツヤのあるフィルムやマット感のあるフィルムをラミネート加工します。一般的に晒クラフト紙・未晒クラフト紙にはあまり加工しません。

  • エンボス加工

    紙の表面に凹凸をつける加工です。他とは違う見た目や手触りが楽しめ、高級感を出すこともできます。

  • ハトメ

    紐を通す穴につける金具です。重量のあるものを入れても、紐を通してある部分が破れないよう補強する意味合いがあります。金色と銀色があり、それぞれツヤあり・ツヤなしも選択できます。

  • 縦留め

    紙袋の口折部分に切り込みを入れ、紐を通して取り付ける方法です。グログランテープやアクリル平紐・サテンリボンに多い加工です。

  • OFJ

    紐穴を空けず、紙袋の内側に紐を貼り付ける方法です。紙紐などの硬い紐に多い取り付け方です。穴を空けないので表面がすっきりとした印象になります。紙紐の場合、紐がピンと立つのが特徴です。