紙袋の印刷方法と選び方 バナー

オリジナル紙袋・手提げ袋 印刷方法と選び方

オリジナル紙袋の最大の特徴・強みといえば”印刷”です。基本は白や茶色の用紙に、オリジナリティのあるデザインを印刷することで世界にひとつだけの紙袋・ショッパーが出来上がります。シンプルなロゴ印刷にするのか、カラフルで華やかなフルカラー印刷にするのか…印刷内容によって紙袋・手提げ袋・ショッパーの雰囲気はガラリと変わります。
このページでは。予算や希望デザインによって異なる紙袋の印刷 選び方をご紹介します。

コストを抑えたい方へ!シンプルな1色ワンポイント印刷のオリジナル紙袋

オリジナル紙袋の印刷は、主に印刷の色数や範囲によってコストが変わります。一番安価に印刷コストを抑えられ、場合によっては納期も短くできるのが「1色印刷(ベタ無し)」です。

一般的に、ワンポイントでロゴが印刷された紙袋や手提げ袋はほとんどの場合が1色印刷です。「ベタ無し」というのは、インクで塗りつぶされた範囲の割合が一定以下のことを言います。当社基準では、紙袋の表面30%以上を塗りつぶす形のデザインは「ベタ印刷」という判定になり、印刷コストが上がってしまいますのでご注意ください。

構想中のデザイン、または既に決定しているデザインが1色印刷の範疇か、ベタ印刷にあたらないかと不安なお客様は、お見積もりの段階でデザインイメージをご送付ください。デザインを確認させていただき、最適な価格でお見積もりいたします。

1色印刷の場合、プロセスカラー(C, M, Y, K)以外はほとんど特色の色番号にてご指定いただく必要があります。一番多いのはスミ(K)1色での指定ですが、もちろん他のプロセスカラー(C, M, Y)でのご指定も可能です。あくまで1色のみ使用であれば、グラデーション表現などの濃淡表現も問題ございません。1色の範疇であれば、不透明度を100〜0%の中で自由に変更することができます。
※不透明度を低くするほど紙の地色が出ます。(コート紙・晒クラフト紙の場合は白、未晒クラフト紙の場合は茶色)
※印刷色は紙の色を透過し影響を受けるため、白以外の紙(未晒クラフト紙)への印刷は印刷色がイメージと異なる点にご注意ください。

1色印刷についての説明

C, M, Y, Kの4色以外で印刷したい場合、特色指定で1色印刷もしくはCMYK掛け合わせのフルカラー印刷となります。
例えば「赤」1色の印刷を希望する場合、通常のプロセスカラー指定であれば少なくともM(マゼンタ)とY(イエロー)の2色を掛け合わせないと表現できません。

データ上では赤1色に見えていても、使用するインクがMとYの2色のため2色印刷となってしまいます。さらに、少し暗めの色調を希望する場合はCやKも混色するため4色フルカラー印刷となります。
赤色を1色の範疇で表現するためには「特色」指定が必須となります。取り扱いのある特色は「DIC」と「PANTONE」の2種類です。DICは日本の会社、PANTONEはアメリカの会社が開発した特色であるため、海外生産の場合はDICではなくPANTONEでの指定が必要となります。

特色の場合でも、使用する印刷カラーが1色であれば不透明度を変更する濃淡表現やグラデーション表現が可能です。

掛け合わせと特色について

フルカラー写真やフルカラーイラストを印刷する場合は、画像の中の1色ずつに対して特色指定はできません。すべてCMYKの掛け合わせで表現されるため、フルカラー印刷となります。

ベタ印刷で様々なカラーになるオリジナル紙袋

 

紙袋の30%以上をインクで塗りつぶす場合にベタ印刷となります。
バッグファクトリーでは、色付きの用紙素材は未晒(茶色)クラフト以外に取り扱っていません。基本的には白い紙となるため「色付きの紙でペーパーバッグを製作したい」「色紙にロゴを1色で印刷したい」といった場合には紙袋全体をご希望の色で塗りつぶすことでお好きなカラーの紙袋が製造可能です。色の指定は、スミ(K)以外の場合は特色(DICもしくはPANTONE)の色番号にてご指定ください。
CMYKの混色になるとベタ印刷ではなくフルカラー印刷となります。フルカラーでなくとも、2色以上の混色で広い範囲をベタ印刷すると印刷ムラができやすくなるため、1色でムラなく美しい印刷が可能な特色指定がおすすめです。
ベタ印刷は基本的に紙袋の表面(正面・裏正面・左右マチ・底面・口折部分)のみであり、内側は紙本来の色のままです。そのため、内側も同じ色のベタ塗りにしたい場合にはオプションの「内面+底板印刷」が必要となります。
紙袋の表面を塗りつぶす場合にベタ印刷になることはわかりやすいのですが、そうでない場合で想定しているデザインが果たして”紙袋の30%以上を塗りつぶす”という条件に当てはまっているのかわからない場合もあるかと思います。通常の1色(または2色)印刷におさまるのか、それともベタ印刷に該当するのかわからないというお客様は、先にデザインイメージをお送りいただけましたら当社にて確認させていただきます。

ベタ印刷オリジナル紙袋の実績一覧・お見積もりはこちら

フルカラー印刷のオリジナル紙袋

 

フルカラー印刷とは、単色・特色ではなくCMYKプロセスカラーによる印刷がされた紙袋です。フルカラーイラストや写真画像等のプリントが可能です。
1色印刷や2色印刷の場合はK(スミ)や特色で色をご指定いただきますが、フルカラー印刷は全ての色をCMYKの掛け合わせによってデータ作成されます。C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(キープレート)の4色を掛け合わせることで、無限大の色表現が可能です。
フルカラー印刷の場合、全面プリントのお客様が多いです。紙袋全体をカラフルに彩ることで、よりオリジナリティの強い紙袋やショッパーが完成します。
フルカラー印刷のオリジナル紙袋・手提げ袋の用途として多いのがイベント用で、コミケやアニメ・ゲームイベントによくご発注いただきます。
紙袋印刷の選び方としては、コストを最低限抑えたい場合は1色印刷(ベタ無し)、印刷する写真やイラスト、柄などのデザインがCMYKの掛け合わせによって表現されており、そのままの色で印刷したい場合はフルカラー印刷となります。

海外生産であれば比較的安価に制作が可能です。納期が約2ヶ月程度と長いため、余裕を持ってご発注いただくことをお勧めいたします。
もし納期をお急ぎの方も、国内生産で間に合う可能性がございますのでぜひご相談ください!ご希望のサイズや仕様で、最低ロット500枚からお見積もりさせていただきます。

フルカラー印刷オリジナル紙袋の実績一覧・お見積もりはこちら