”歩く広告”としての魅力を最大限に発揮するオリジナル紙袋・手提げ袋

紙袋が“歩く広告”と呼ばれているのをご存知でしょうか?どうして“歩く”広告なのか。その理由を説明します。

通常、紙袋の個性はどの部分に発揮されるでしょうか。パッとひと目で見てわかる違いといえば、印刷内容ですよね。
ショッパーやその他紙袋は、印刷内容によりその企業やブランド、ショップの特徴や個性を表します。大きくロゴが印刷されていれば、それだけで「ああ、あの企業の紙袋なんだな」とわかります。その企業やブランド、ショップが売りにしたいイメージを全面に打ち出せるのがオリジナル紙袋です。

高級感を感じさせるラグジュアリーな雰囲気なのか、誰でも親しみやすいカジュアルな雰囲気なのか、思わず目を引く奇抜でおしゃれな雰囲気なのか、世間に浸透した企業カラーやマスコットキャラクターを印刷してアピールするのか……。
見て欲しい世代や性別、ターゲット層を意識したデザイン作りというのは、広告には必要不可欠な要素です。そして、その広告の役割を紙袋という媒体で成せるのがオリジナル紙袋です。
紙袋は、一般的に何かを入れて持ち運ぶために利用されます。雑貨店やアパレルショップ、福袋、配布された資料、特別なギフトなど、内容物は様々です。
大型ショッピングモールの中では、各専門店のオリジナルショッパーを持った人たちが行き交っています。お店が並ぶ街中にも、紙袋を持って歩いている人はたくさんいるでしょう。紙袋はアフターユース率も高く、一度使用したあとも他のものを入れて持ち運んだり、誰かへのプレゼント梱包に利用したりと自分以外の目に触れる機会が非常に多いのです。

つまり、その企業やブランド、ショップがオリジナルデザインで印刷して作成した広告(紙袋)を、消費者がその足で世界中様々な人が目にする場へ持ち出してくれるということです。おしゃれな紙袋は他人の目を引き、興味を引きます。
それが紙袋が”歩く広告”といわれる所以であり、オリジナル紙袋、オリジナルショッパー製作の強みなのです。

ショッパーやギフト用だけじゃない!オリジナル紙袋の効果を発揮する場所


前述のように、紙袋といえばショッパーやギフト梱包のイメージが強いですが、イベントや大型展示会での資料配布、ノベルティとしての利用も多いという特徴があります。その理由こそ、歩く広告としての役割なのです。
企業の展示会は、様々な企業ごとにブースがあります。説明資料や購入品をオリジナル紙袋に入れて梱包すれば、その紙袋を持った人が会場内を歩き回ります。印刷内容によっては相手に企業の色を強く印象付けることが可能ですし、持ち帰った後にもその紙袋を捨てずに再利用してもらえる可能性があるところもポイントです。

今回は、イベントや展示会で使用するオリジナル紙袋・手提げ袋について、おすすめの仕様や人気の仕様について解説します。サイズの選び方から、印刷やハンドル(紐)の種類までご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。
初めての注文でなにもかも分からないお客様もご安心ください!バッグファクトリーにお任せいただければ、お見積もりから納品までサポートさせていただきます。

イベント・展示会におすすめのオリジナル紙袋サイズ 選び方

紙袋のサイズは横幅(W)・高さ(H)・マチ(D)の3辺の数値で設定されます。バッグファクトリーでは、横幅(W)×高さ(H)×マチ(D)の順で、ミリ単位で表記しています。はすべての紙袋がフルオーダー製作なので、サイズは自由に設定することができます。


おすすめのサイズは「大きなサイズ」です。
特にイベントや展示会の場合には、多くの企業が一同に会するためよりアピールできる材料として、大きなオリジナル紙袋は非常に有効です。
サイズが決まっておらず、具体的にどのくらいのサイズが最適なの?とお悩みの方は、バッグファクトリーでご提案している「既定サイズ」の中からお選びください。
⇒オリジナル紙袋サイズの選び方 オーダーガイドページ

バッグファクトリーでご案内している海外生産の既定サイズは、あくまでご注文する際に目安にしていただく数値です。海外生産の場合は工場で推奨されている規格サイズが存在しないため、既定サイズから選んだからといって価格が安くなるということはありません。傾向として、紙袋3辺のサイズが小さくなるほど低価格に、大きくなるほど高額になる傾向にあります。しかし海外生産のため、大きなサイズも比較的安価に製作できるのが当社の強みです。
決まったサイズ以外にも対応可能となっております。お気軽にご相談ください。
入れるものが決まっている場合は、入れるものに対して左右前後に+10mmがフィットサイズです。高さは50~100mm程余裕があるのが望ましいです。
当社既定サイズの中で大きめといえば「ギフトサイズ」「BIGサイズ」です。


【ギフトサイズ】
サイズ:W420×H310×D110mm
持ち手:750mmカット(ショルダータイプ)※長さは変更可能

ギフトサイズは、A3サイズがちょうど横に入るサイズです。横幅がちょうどA3サイズの辺の長さに等しいので、A3サイズもしくはそれより少し大きめのものを入れる場合には横幅を数センチ足して余裕を持たせることをおすすめします。
標準よりも大きめのサイズなので、特にご指定がなければ持ち手はショルダータイプ(肩にかけられる長さ)で製作します。紐の長さは変更可能で、手持ちタイプをご希望の場合は500mm程度で設定します。


【BIGサイズ】
サイズ:W550×H400×D130mm
持ち手:750mmカット(ショルダータイプ)※長さは変更可能

文字通りビッグサイズのオリジナル紙袋です。当社でご提案する中では最も大きなサイズです。
サイズが大きいということはその分印刷面も大きいということなので、とにかく目立たせたい場合はBIGサイズがおすすめです。企業ロゴをカラーで大きく印刷するだけで、遠目からでも目を引くことができます。テレビや新聞、web記事の取材等で会場内の映像・写真を撮られたときにはっきりと映りやすいというメリットもあります。
面積が大きいため、コミケ等のアニメ・マンガ・ゲーム系のイベントでは大きくフルカラーイラストを印刷することでかなり強い作品アピールが可能です。実際に、ゲームやアニメの美しいビジュアルを紙袋に印刷する企業様も多くいらっしゃいます。
ギフトサイズ同様に持ち手はショルダータイプの長さが基本となります。横長で大きなサイズの紙袋の場合は、持つ人の負担を考えてショルダータイプにすることをおすすめします。ショルダータイプの場合、ハンドルの種類はアクリル平紐アクリルスピンドルがおすすめです。
大きなサイズのショッパーとしても使われ、ダウンジャケットやコートなど嵩張るファッションアイテムや、家電のように大きめの商品を入れるのに適しています。

イベント・展示会におすすめのオリジナル紙袋材質(用紙) 選び方

バッグファクトリーで扱っている主な素材(用紙)は、コート紙晒クラフト紙未晒クラフト紙です。イベントや展示会でおすすめの紙質はコート紙です。印刷に重点を置く場合は実質一択と言っても良いかもしれません。その理由は、ズバリ印刷適性の高さ、発色の良さにあります。
コート紙とは、紙の表面が専用の薬剤でコーティングされている素材のため、コート紙と呼ばれます。
紙の表面がコーティングされて表面がツルツルとして光沢があり、凹凸が少なく滑らかになっているため、インクの乗りが良く印刷適性が高いのが最大の特徴です。写真やイラストなど繊細な色の印刷再現に優れています。筆記性には乏しいため、鉛筆でなにかを書き込むような用途には不向きです。
一般的には新聞の折り込み広告やチラシ、フライヤー、パンフレットや写真を多く使用したカタログ等に使われているツヤツヤした用紙です。薄手のものから厚手のものまで広く存在し、オリジナル紙袋に使われるのは坪量157g/㎡以上の厚手のコート紙です。

コート紙はとにかく鮮明な印刷と発色の良さが強みで、色にこだわる場合やイラスト・写真をフルカラーで鮮明に印刷する場合に向いています。カラーのロゴやイラストを印刷することが多いイベント・展示会用のオリジナル紙袋には、コート紙がぴったりといえます。
厚さは標準の157gを中心に180g・200gも取り揃えております。小さい〜標準程度のサイズは157gで十分耐久性がありますが、標準よりも大きめ〜ビッグサイズになると180g以上をおすすめしております。紙なので、面積が大きいと破れやすくなってしまったりシワがつきやすくなってしまうためです。

さらにコート紙には、2種類の表面加工が存在します。コート紙は印刷面の色落ちや色移りを防ぐため表面加工が必須となっております。
より光沢を強めるグロスPP加工と、光沢をなくす艶消しのマットPP加工です。下記に詳しく説明させていただきますので、印刷したいデザインや出したい雰囲気によって使い分けてみてください。

⇒オリジナル紙袋用紙の選び方 オーダーガイドページ

【コート紙 グロスPP加工】


グロスPPは、ツヤツヤとした光沢の強いラミネートフィルムです。
コート紙はコーティング剤によって元から光沢を持った素材ですが、グロスPP加工をによってさらに強い光沢を出すことができます。グロスPP加工をすることで、印刷の発色がさらに鮮やかにはっきりと見えるため、美しい印刷を際立たせる場合におすすめです。
フルカラー印刷との相性はもっとも良く、写真やイラストの発色をよりはっきりと鮮やかに見せることが可能です。光に反射してツヤツヤと輝き、派手で賑やかな印象を与えます。
展示会やイベント用の紙袋には、グロスPPをご選択いただくことがほとんどです。

【コート紙 マットPP加工】


マットPPは、光沢のない艶消しのラミネートフィルムです。
元々光沢のあるコート紙の表面を、艶のないマットな質感で滑らかな質感に仕上げます。マットPP加工をすることで印刷色は若干沈み、落ち着いて上品な印象になります。ベタ無しのワンポイント印刷や、パステルカラーなどの淡色ベタ印刷へのマットPP加工は、やわらかでふんわりとした印象になるためショッパーにも人気です。
濃色やスミベタのマットPP加工も人気ですが、濃色へのマットPPは傷が目立ちやすいため、扱いに注意が必要です。海外生産の場合、アンチスクラッチ加工という、傷の目立ちにくいマットPPも取り扱っております。

イベント・展示会におすすめのオリジナル紙袋印刷 選び方

■ 見栄え重視(フルカラー印刷)

 

フルカラー印刷とは、CMYKの掛け合わせ(プロセスカラー)による印刷がされた紙袋です。フルカラーイラストや写真画像などのプリントが可能です。色が限定されないため、CMYKの掛け合わせにより色表現は無限大です。
C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(キープレート)の4色を掛け合わせることで、あらゆる色の表現が可能となります。紙袋全体をカラフルに彩ることで、よりオリジナリティの強い紙袋やショッパーが完成します。
イベント用では、コミケなどのやアニメ・漫画・ゲーム系イベントによくご発注いただきます。

フルカラー印刷は高額になりがちな印刷方法ではありますが、納期に余裕を持って海外生産にすることでかなり安い価格でのオリジナル製作が可能となります。フルカラー印刷のデメリットとしては、印刷する工場の印刷機やインクの状態、温度、湿度等により色再現にブレがある点です。色の再現にこだわりのあるお客様には、事前に校正サンプルを作成(有料)することをおすすめします。

フルカラー印刷オリジナル紙袋実績一覧はこちら

■ 見栄え重視(ベタ印刷)

 

紙袋一面に対して30%以上をインクで塗りつぶす場合にベタ印刷となります。
バッグファクトリーでは、色付きの用紙素材は未晒(茶色)クラフト紙以外に取り扱っていません。基本的には白い紙となるため「色付きの紙で紙袋を製作したい」「色紙にロゴを1色で印刷したい」といった場合には紙袋全体をご希望の色で塗りつぶすことでお好きなカラーの紙袋が製造可能です。色の指定は、スミ(K)以外の場合は特色(DICもしくはPANTONE)の色番号にてご指定ください。

CMYKの混色になるとベタ印刷ではなくフルカラー印刷となります。フルカラーでなくとも、2色以上の混色で広い範囲をベタ印刷すると印刷ムラができやすくなるため、1色でムラなく美しい印刷が可能な特色(DICもしくはPANTONE)指定がおすすめです。特色印刷のメリットとして、ムラが少なく綺麗にベタ印刷ができる点や、CMYKの掛け合わせでは再現不可な色(メタリックカラーや蛍光色)の印刷が可能である点です。

ベタ印刷は基本的に紙袋の表面(正面・裏正面・左右マチ・底面・口折部分)のみであり、内側は紙本来の色のままです。そのため、内側も同じ色のベタ塗りにしたい場合にはオプションの「内面+底板印刷」が必要となります。
⇒オリジナル紙袋 オプションについて詳しくはこちら

ベタ印刷オリジナル紙袋実績一覧はこちら

■ コスト重視(1色ベタ無し ワンポイントロゴ印刷)

 

オリジナル紙袋の印刷は、主に印刷の色数や範囲によってコストが変わります。一番安価に印刷コストを抑えられ、場合によっては納期も短くできるのが「1色印刷(ベタ無し)」です。

一般的に、ワンポイントでロゴが印刷された紙袋や手提げ袋はほとんどの場合が1色印刷です。「ベタ無し」というのは、インクで塗りつぶされた範囲の割合が一定以下のことを言います。当社基準では、紙袋の表面30%以上を塗りつぶす形のデザインは前述の「ベタ印刷」判定になり、印刷コストが上がってしまいますのでご注意ください。

1色印刷の場合、プロセスカラー(C, M, Y, K)以外はほとんど特色の色番号にてご指定いただく必要があります。一番多いのはスミ(K)1色での指定ですが、もちろん他のプロセスカラー(C, M, Y)でのご指定も可能です。あくまで1色のみ使用であれば、グラデーション表現などの濃淡表現も問題ありません。1色の範疇であれば、不透明度を100〜0%の中で自由に変更することができます。

印刷方法について詳しくはこちら
⇒オリジナル紙袋・手提げ袋 印刷方法と選び方

イベント・展示会におすすめのオリジナル紙袋ハンドル(紐)選び方

■ アクリルスピンドル

 

非常にスタンダードに使用されている紐です。アクリル繊維の糸を使った丸紐で、柔らかな質感が人気です。
オリジナル紙袋のハンドルとして非常に人気が高く、汎用性も高い紐です。柔らかめの素材で持ちやすく、コート紙のオリジナル紙袋・オリジナルショッパーにおいて最も多く使用されるタイプのハンドルです。紙袋の他、ポリ袋のショルダータイプや巾着タイプの紐として利用されているのもアクリルスピンドルです。
どんな用紙や印刷の雰囲気にも合うので、オリジナル紙袋やショッパーのハンドルに迷ったアクリルスピンドルがおすすめです。

■ アクリル平紐

 

アクリル素材で、柔らかく平たい紐です。やわらかい布のような質感で、やさしい雰囲気や上品さ、上質さを強調したいときに有効です。
イベント・展示会用の大きなサイズの紙袋には特におすすめです。平紐で肌に触れる面積が通常の丸紐よりも広く、持った時にかかる力が分散されやすいため重量のあるものを入れても手が痛くなりにくく、肩掛け(ショルダー)タイプにも最適な紐です。
アクリル平紐の基本の幅は20mmですが、25mm、30mmなど幅を太くすることも可能です。当社のスタンダードなお見積もりは20mm幅のものとなっておりますので、もっと太くしたい場合にはお見積もりの際にお申し付けください。

■ パイレン

 

ポリプロピレン(PP)製のハンドルで、アクリルスピンドルと比べると硬く光沢があります。エクセルフィラメントと呼ばれることもあります。布っぽさはあまり無く、紐の組み方も異なります。
質感や見た目からやや硬質な雰囲気が漂うため、企業のアピールに使うオリジナル紙袋の持ち手としておすすめです。
パイレンは安価で丈夫な紐なので、コストを重視する方にもおすすめです。安くても光沢感により高級感があるので、コストを抑えつつ上質さも兼ね備えたオリジナル紙袋・手提げ袋、ショッパーが作成できます。

■ ハッピータック

 

ハッピータックとはプラスチック製のハンドルです。他の紐とは見た目が大きく異なり、プラスチックなのでちぎれる心配もなく丈夫で、強度に優れています。ハッピータックの特徴として、袋の口をとめることが出来る点があります。
主にコート紙のオリジナル紙袋に使用されます。口をとじることで中身がこぼれることや、雨などの水滴や汚れから中身を守ることができます。
バッグファクトリーで扱っているハンドルの中で最も強度があり、書類やその他重量のあるものを入れても耐えうるほど丈夫です。
企業用のかっちりとした雰囲気の紙袋や、展示会やイベントでの資料や書類の配布用にも最適です。海外生産の場合は基本的に白色となっておりますが、国内生産の場合は在庫カラーからお選びいただけます。

イベント・展示会用のオリジナル紙袋 納品について


バッグファクトリーでは、コストを安くするため海外でオリジナル紙袋を製作しております。複数の注文をまとめて船便で(定期的に)輸送するため、納期は平均して約60〜65日程度と長くなってしまいます。大きなサイズやフルカラー印刷、ベタ印刷、オプションの利用などは海外の方が製作コストが安くなるため、海外生産を想定してお見積もりさせていただくことが多くなっております。
そのため、イベントや展示会の期日が決まっている場合はある程度余裕を持ってご発注いただくことをおすすめします。お急ぎの航空便を利用すれば納期は約1ヶ月程度に短縮可能ですが、その分送料が高くなってしまいます。
納期目安は発注確定(発注書ご送付・ご入金・校了)後からの計算となるため、 お見積り・お問合せは余裕をもってご連絡ください。

お急ぎの場合で、送料が嵩んでしまう場合には国内生産でお見積もりのご案内をさせていただきます。国内生産であれば、時期や仕様によって通常約2〜3週間程度で納品が可能です。急遽一ヶ月後にオリジナル紙袋が必要になった場合にもあきらめずご相談ください。
シンプルな仕様であれば国内生産の方がお得な場合も
コストは海外生産よりも高額になりがちですが、お急ぎ航空便の送料を考えて国内の方がお得な場合も多くあります。コート紙157gで1色印刷(ベタ無し)というシンプルな仕様であれば、海外と同程度の価格帯でご提案させていただけることもあります。オプションや紐などは一部国内は対応していないものもあるのでご注意ください。
国内生産でもサイズの設定は自由ですが、海外生産とは異なり推奨の規格サイズが存在します。規格サイズに合わせることでさらにコストを安くご案内することも可能です。
詳しくはこちら ⇒納期お急ぎの方必見!短納期オリジナル紙袋について

※東京ビッグサイトや幕張メッセ等、展示会場・イベント会場へ直接納品する場合は、配送業者が限定されてしまうため別途運送料金が発生致します。製品を海常へ直接搬入する場合には必ず事前にお申し付けください。